読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

テストステロン多過ぎ!多くの子供や子孫を残した男たちBEST6

生物ネタ

チンギス・ハーン(子孫1600万人)

f:id:norback11:20170420123755j:plain

英レイセスター大学のマーク・ジョブリング教授らの遺伝学研究チームが「Nature」で発表した論文によると、現在のアジア人男性の約4割が、チンギス・ハーンを含む11人の「偉大な父」のいずれかの血を受け継いでいるという。実際の人口に照らし合わせると約8億3,000万人のアジア人男性がこの11人のいずれかの血を継いでいることになる。この11人の筆頭に挙げられるのが、他ならぬチンギス・ハーンだ。12~13世紀にかけてユーラシア大陸に巨大なモンゴル帝国を築きあげたチンギス・ハーンだが、一説では生涯で産ませた子供の数は百人を超えているともいわれ、その直系の子孫は統計上は今も1,600万人存在しているらしい。

 

グウィリム大征服者(子孫700万人)

アメリカのジョン・ホプキンズ大学によって17か国4000人に及ぶ遺伝子の調査が行われた結果、推定700万人の人々がある特有な遺伝子を持っていることが確認される。その共通の遺伝子を持った人々の祖先をたどると、ある人物に突き当たった。その男は9世紀ごろにイギリスのウェールズ地方に住んでいた貴族、グウィリム大征服者。セクシーで筋肉質だったグウィリムは、女性なら誰でもOK!と見境いなく毎晩のように女性を部屋に連れ込んでいた。史上NO.1のナンパ師だったわけだ。

 

ムーレイ・イスマイル(子供888人)

f:id:norback11:20170420121217j:plain

アラウィー朝モロッコの第2スルターン。1672年に26歳で国王に就任してから死去するまで、統治期間は55年で、その間、モロッコ王国は最盛期を迎えた。また世界一の子だくさんとしてギネスブックにも掲載され、888人の子供がいたといわれている。

 

ソブーザ2世(子供600人)

f:id:norback11:20170420124321j:plain

アフリカ南部の国・スワジランドの前国王ソブーザ2世(1899年~1982年)。なんと100人もの妻をもち、その子供は600人近かったという。スワジランドは世界で最貧国のひとつだが、ソブーサ2世は世界屈指のお金持ちだった。正常不安定なアフリカにおいて約61年近い長期政権を維持した。

 

ラムセス2世(子供200人)

エジプト新王国第19王朝のファラオ(在位AD1290~AD1224年)。何人もの王妃や側室との間に111人の息子と69人の娘を儲け、娘の中には父親であるラムセス2世と親子婚を行った者もいたと伝えられる。しかし大半は養子だったという説もあり。

 

司馬炎(子供30人以上)

f:id:norback11:20170420130934j:plain

265年、魏の国王から地位を強制的に譲り受けて晋を建国し、初代皇帝・武帝となる。280年には呉を滅ぼして三国時代を終わらせ天下を統一。子供は男子だけで26人、女子は分かっているだけで4人だが、後宮には1万人以上いたらしく、実際はもっと多かったと思われる。名君と言われたが、呉を滅ぼして以降は女にうつつを抜かし、政治を荒廃させた。

 

徳川家斉(子供55人)

f:id:norback11:20170420125242j:plain

歴代将軍の中でズバ抜けてトップの子だくさんが徳川11代将軍・家斉。側室はなんと40人!その中の16人に28人の男の子と27人の女の子を産ませた。その女好き振りは、あの質素倹約の寛政の改革を推し勧めた老中の松平定信から「回数が多過ぎては体に良くない」と注意されるほど。常にオットセイのペニスを粉末にしたものを飲んでいて「オットセイ将軍」といわれた。そのうち成人したのは20人で、全国の大名に養子に出すにあたり、その持参金で幕府の財政が圧迫したとのこと。

 

【番外】重田光時(子供16人)

f:id:norback11:20170420131255j:plain

16人の子供をタイ女性に代理出産させたことで一躍有名になった重田光時氏。父親はIT企業大手「光通信」の創業者・重田康光氏で、光時氏は光通信の株式68万株(1.44%)を保有する大金持ちだ。光時氏は「毎年10~15人の子供が欲しい」「100~1000人の子供をもうける計画だ」と話し、さらに代理母を紹介するよう頼んでいた。代理出産してくれた女性には約100万円近くを払っていた。

 

【あわせて読んで下さい】

寒冷地適応したはずのコーカソイドと新モンゴロイドの外見が違うのはなぜだろう?

生物ネタ

f:id:norback11:20170419201041j:plain

新モンゴロイドはバイカル湖付近に居住して寒冷地適応をして、その後、南下したらしい。彼らの短い手足、少ない体毛、一重まぶた、低い鼻などは寒冷地適応の結果だ。しかし、同じく寒い地域に住むコーカソイド(白人)は、身長は高い、手足は長い、鼻も高い、体毛は濃い。真逆だ。どうしてこうも違うのか?

※別の言い方をすると、コーカソイドはアレンの法則に反しているし、新モンゴロイドはベルクマンの法則に反している。

アレンの法則
恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど、耳、鼻、首、足、尾などの突出部が短くなる。理由は、表面積を減らして放熱を最小限に留めるため。

ベルクマンの法則
恒温動物においては、同じ種でも寒冷な地域に生息するものほど、体重が大きくなる。理由は、体積が大きいほど表面積の割合が少なくなるから。

この疑問は誰もが思うらしく、知恵袋でも数多く質問されている。で、僕も気になったんでちょっと調べてみた。これだ!という決定的な答えは見つからなかったけど、たぶんこれが正解かな?と思う事はあったので紹介します。

ベルクマンの法則よりカロリー摂取量の方が身長の伸びに影響を与えた

日本人の20歳男性の平均身長は、1950年が161.5cm、2014年が171.8cm。64年で10cm以上伸びている。この原因は成長期のカロリー摂取が高かったから。カロリー摂取量は人間の身長に凄く影響を与えるようだ。そこから考えられることは、新モンゴロイドはベルクマンの法則により基本的には高身長だったが、その後のカロリー摂取が少なかったので身長が伸びなかった。逆にコーカソイドは乳製品など高カロリーの食事が多かったため身長が伸びた、ということだ。

そもそもコーカソイドは寒冷地適応していない

これがこの疑問の最大の答えかもしれない。ヨーロッパの気温は偏西風と北大西洋海流の影響で緯度の割に暖かい。フランスあたりだと、夏は25度、冬は5度ぐらい。逆に中央アジアでは、夏は20度、冬は-25度にもなる。平均気温じゃなくて、厳冬を越せるか越せないかが新モンゴロイドにとって最も重要だったのだ。逆にコーカソイドは出アフリカの後、中東の暑い地域から除々に北上していったので、寒冷地適応する必要は全くなかった。彼らの高い鼻は乾地適応の結果であって、インド人の鼻が高いのも同じ理由。

パリ
8月の平均最高気温 25度
1月の平均最低気温 4度

ウランバートル
8月の平均最高気温 22度
1月の平均最低気温 -27度

上記2点が僕が調べた新モンゴロイドとコーカソイドの外見が違う理由。寒いヨーロッパに住んでいる白人は寒冷地適応してるように思えるが、実は全くしていないということだ。もっと違う意見があったら教えて欲しいです。

 

【あわせて読んで下さい】

男子の女子化が止まらない!草食系男子が増えた原因を考えてみる

生物ネタ

f:id:norback11:20170417143817j:plain

イケメンなのに女性やセックスに淡白な「女子のような特徴を持った男子」すなわち「草食系男子」が増えているって、本当に不思議だ。当初は「一時的なブームだろう」って思ってたけど、今の若い男の子は本当に女とセックスしたがらないとか。この現象は、人類滅亡の前触れか?

国立社会保障・人口問題研究所の調査による「18歳から30歳までの独身男性で交際している女性がいない割合」が下のグラフ赤だ。これを見ると、それまで横バイだったのが、1995年頃から増加に転じているのがわかる。深澤真紀氏が「草食系」とネーミングしたのが2006年だから、出現から10年を経て「女に興味のない男子の増加」が人々に認知されたようだ。

草食系男子とテレビゲーム

草食系男子が増えた理由は?

草食系男子が増えたのには理由があるはずだ。ネットではその理由がいろいろ推測されている。

童貞が増えたから童貞が恥ずかしいことではなくなったから

童貞が増えたから草食系も増えたんじゃなくて、草食系が増えたから童貞も増えたのだ。これじゃ原因と結果が逆。ネタとしては面白いけど下らない。

ネットでいくらでもAVが見られるから

これも明らかに違う。性欲がネットで発散されるからリアル女子に興味がなくなったんじゃなくて、草食系男子は性欲自体が少ないように思える。

男女平等の教育が浸透してきたから

これはあるかもしれない。今、小学校では先生が男子も女子も「さん」づけで呼ぶとか。男子だけ「くん」で呼ぶのは男女差別だそうだ。アホらしい。男と女はもともと違うんだから、ある程度の区別はあって当然で、それは差別じゃない。それなら着替えもトイレも区別するなよ。って話がそれたけど、性差をなくす教育方針が「男の子らしさ」を減らす方向に作用していることは十分考えられる。でも、男子の性欲が減少した原因は、社会学的な理由じゃなくて、もっと生物学的な理由があるような気がする。

環境ホルモンの影響

環境ホルモンも男子が女性化した原因のひとつかもしれない。でも残念ながら詳しいことはまだ分かっていない。今後の研究で明らかにされる可能性はある。

で、ここからは僕の個人的意見。

テレビゲームの普及が男の子の"男性化"を阻害した

男の子が青年になって急に草食系になるとは考えられない。もっと子供の頃、小学校の低学年ぐらいまでに「草食系因子」にさらされたと考えるのが妥当だ。国立社会保障・人口問題研究所の調査対象の平均年齢は23歳ぐらい。草食系男子が明らかに増加しはじめたのは2000年頃。では、2000年に23歳だった男の子が8歳の時、つまり1985年頃に何があったのか? そう、テレビゲームが普及しはじめた頃だ。テレビゲーム&インターネットの普及率曲線は、草食系男子の増加曲線と約15年のタイムラグを経てほぼ一致する。

テレビゲームの出現は、男の子の遊びを根本から変えてしまった。

それまでの男の子の遊びの定番は、敵と味方にわかれて勝敗を競うというものだった。スポーツも基本は同じだ。男の子はこれらの遊びを通して、勇気や仲間との協力を学んだ。これは闘争のシミュレーションで、将来、立派な戦士となるための訓練を子供の頃からやっているのだ。きっと縄文時代の男の子だって、同じような遊びをしていたに違いない。

しかし、テレビゲームにはそんな要素はない。協力プレイもないこともないが、基本ひとりでプレイするし、死んでもすぐ生き返るから勇気を試されることもない。こうして、男の子が男になる訓練が不足したまま大人になった結果が「草食系男子」なのだ。

草食系男子の増加は、人類が宇宙へ進出するための準備?

この先、草食系男子が増えこそすれ減ることはないだろう。でもこういう考えもできる。男子が草食化やオタク化しているのは、今後、人類が宇宙に進出するための準備なのだと。何年もの間、宇宙船の中で滞在し、話相手はモニター越しの人間かロボットだけ。そんな生活に耐えられるのは草食系オタクだけだ。今までの人類は、闘争に勝利するために体育会系の肉食系男子が必要だった。でもこれからは、機器を上手くあやつるオタクが人類にとって必要とされる時代になったのだ。草食系男子の増加は、人類の進化のひとつなのかもしれない。

 

【あわせて読んで下さい】