読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

信長最愛の女性・吉乃を捏造した日本史史上最大のフェイク資料「武功夜話」

歴史ネタ

麻生祐未

「織田信長 天下を取ったバカ」吉乃役の麻生祐未

トランプ大統領誕生に貢献したクリントンに関するフェイクニュースや、日本人少女が韓国人にレイプされたという記事が拡散した偽ニュースサイトなど、巷にはフェイクニュースが溢れている。なぜフェイクニュースが生まれるかというと、理由は簡単。アクセス数を稼いでお金儲けしたいから。

しかし、それらよりはるかにスケールのでかいフェイク事件といえるのが「武功夜話」だ。昭和34年の伊勢湾台風で愛知県江南市の吉田龍雲氏宅(旧前野家)の土蔵が崩れ落ちた際、前野家に代々伝わる古文書が発見された。それを龍雲氏の弟の吉田蒼生雄氏が訳し「武功夜話」として出版した。

NHKや朝日新聞は「武功夜話」を第一級の史料として報道。それまでの資料に書かれていない信長や秀吉の若き日の様子が描かれていたことで話題になり、遠藤周作や津本陽らの作品の元資料としても使われた。

「武功夜話」で最も注目されたのが生駒吉乃のエピソードだ。吉乃は江南市の豪商・生駒家に生まれ、一度は嫁入りするも旦那の戦死により生駒家に戻ってきた。その吉乃を信長が見初め寵愛。信忠、信雄、徳姫が生まれた。吉乃は信長より6歳年上。信長青年は年上の出戻り女に恋をしたのだ! しかし吉乃は産後の肥立ちが悪く、病床に伏せるようになる。それを知った信長は吉乃を強引に小牧山城に連れ帰り、3人の子の生母・側室として織田家中に披露する。しかし3年後、吉乃は39歳で死去。信長は吉乃の死を悲しみ、小牧山城から生駒屋敷の方を眺めては涙したという。

このピュアなラブストーリーは多くの人たちに感動を与えたようで、資料の少ない正室の濃姫に代わって吉乃が信長最愛の女性として認知され、信長関連ドラマでも信長のパートナーとして吉乃が登場するようになる。

しかし、この「武功夜話」は今では偽作とされている。当時なかった地名が使われている、木曽川の位置が当時と違っている、文体が現代的過ぎる等、偽作としての証拠は多数指摘されている。中には「太平洋戦争に従軍した経験のある者が書いたと思われる記述がある」なんて笑ってしまうものもある。そして偽作と主張する人たちは、具体的な名前を明記しないものの「吉田蒼生雄氏の創作である」と示唆している。

これに対し擁護派は「江戸時代に写本が書かれた時に創作が入った可能性がある」と主張。だったら原本と写本を照らし合わせればすぐわかる。しかし、

原本も写本も、当の吉田家が頑なに公開を拒んでいる。

もうこの時点で偽作確定だろう(擁護派の人たちがブログで「批判する学者は未だに原本を見たことがない」とか「吉田先生は武功夜話の原本を読んだ日本で唯一の方」とか書いているが、原本を他人に見せないんだから見れるはずがない。彼らはバカなのか?)。

吉田蒼生雄氏は「武功夜話」の印税で凄く儲けたはず。フェイクニュースで稼いだ人たちの何十倍、何百倍ものお金が入ってきただろうに。ほんと、うらやましい限りだ。

江南市のホームページに今だに「武功夜話」のことが詳しく載っているのが痛過ぎる。なぜ削除しないんだろう? 武功夜話で町起こしをしてきたから、今さら撤回するのは超カッコ悪いとは思うけど「私たちも騙されました」と言えば済むと思う。僕が江南市民なら、市役所に文句言うのにな。
江南市 武功夜話

 

追記~誰か桶狭間の合戦を映画化して下さい!

日本史史上もっともドラマチックな合戦といえるのが、信長の出世戦、皆様ご存知の「桶狭間の合戦」だ。人数には諸説あるものの、侵攻してくる今川軍2万5千を、信長はたった3千の兵で奇襲攻撃をかけ撃退した。

努力の末、弱者が強者を倒すというのは娯楽映画の王道ストーリー。織田家の世継ぎとは思えない傍若無人なヤング信長、秀吉と妻の寧々、前田利家と妻の松、蜂須賀小六など、役者も揃っている。彼らの若き日の日常からスタートして、和平か徹底抗戦かで揺れる織田家の葛藤を描き、最後は雨中の一大決戦。CGを交えた迫力満点の映像に仕上げれば、大ヒット間違いなしだと思うんだけどなぁ。

 

【あわせて読んで下さい】

norback11.hatenablog.com

 

テレゴニーが存在すると仮定すれば納得できる、人間の行動4選

生物ネタ

f:id:norback11:20170329154745j:plain

処女を好む

前のテレゴニーの記事で「男が処女を好むのは本能的にテレゴニーを知ってるからかも?」と書いたけど、その考えは変わっていない。もしテレゴニーが存在しないなら、処女に価値なんてないはず。「どんなにいい女でも、非処女では100%自分の遺伝子を受け継いだ子を生んでくれない」と知っているから、男は処女に価値を見出すのだと思う。

優れた遺伝子を持つ異性とキスしたがる

風俗嬢やヤリマンの女の子から「キモい奴じゃなければセックスはできるけど、キスは好きな人しか嫌」みたいな話をよく聞く。セックスは中出しされなければ相手の精子が体内に入ることはほぼないし、コンドームをつければ100%精子は入らない。でもキス、中でもディープキスは唾液の交換をするんだから、自分の遺伝子も相手に入るし、相手の遺伝子も自分に入る。「人が好きな人とキスをするのは、お互いの唾液の中のバクテリアを交換するため」というのが定説らしい。「遺伝子的に優れた異性の唾液なら良いバクテリアが多いから、自分に取り込みたい」ということか。たぶんそれは正しいんだろうけど、テレゴニーも理由のひとつだと思えてならない。ってゆーか、バクテリアよりテレゴニーの方が重要な気がするんだけどなぁ。

優れた遺伝子を持つ異性の体液を欲しがる

プレスリーといったスターの汗を拭いたハンカチを女性たちが取り合うといった光景もテレゴニーの証拠だと思う。イケメンで歌も踊りもうまいスターは最高の遺伝子を持ってるはず。そんなスターの汗を自分の体内に取り込みたい!と思うからこそ、彼女たちは汗のついたハンカチを奪い合うのだ。

自分の唾液を他人に飲ませたがる

自分の唾液を相手に飲ませるプレイを好むドSな奴もいる。これも「自分の遺伝子を少しでも拡散させたい」というのが目的だろう。

 

人間はずーっと昔から「優れた遺伝子を持った異性の体液を飲みたい、自分の体液を異性に飲ませたい」と思ってきた。それは単にヘンタイなのではなく、本能的にテレゴニーを知ってるからに違いない。ヘンタイな行為にも、ちゃんと理由があるのだ!

 

【あわせて読んで下さい】

【広告】

ローマ帝国が長く繁栄したのは安すぎる税金のせい?

歴史ネタ

f:id:norback11:20170324104834j:plain

塩野七生氏の「ローマ人の物語」を読んだ。その中で一番「へぇ~」と思ったのは、ローマが属州(征服地)に課した税金の安さだ。

ローマの市民権を持つものは、1%消費税と奴隷解放税の他は基本的に無税で、おまけにパンが無料で支給される。これが属州(征服地)だと、税率はなんと10%。今の日本より全然安いじゃないか!

もちろんローマ帝国には現代の政府にとって一番金のかかる福祉が存在しないので、単純に比較することはできないが、それでも安いと思う。今の日本の税率は消費税や法人税や合わせると50%近くになるらしいし、江戸時代の農民も収穫の半分を持っていかれてた。

ローマに征服された国は10%の税金を納めさえすれば、軍事面はすべてローマが担当してくれるので軍備にお金がかからなくなるし、立派な道路も作ってもらえた。ある程度の自治もみとめられていた。支配層はともかく、一般庶民はローマの属国になる方がよっぽど生活が楽だったに違いない。

こんなに税金を安くできたのは、官僚の人数が少なかったから。徴税は外部の人間に委託していたし、軍隊もたった30万人であの広大な領土を守っていた。典型的な「小さな政府」だったのだ。

このローマの太陽政策の効果が最大に発揮されたのが、第二次ポエニ戦争だ。アルプス山脈を越えて北イタリアに進入したカルタゴのハンニバルは、迎え撃つローマ軍に連戦連勝。しかしハンニバルは直接ローマを攻めることをせず、ローマをスルーして南イタリアに進み、そこでローマの同盟諸都市にローマからの離反を求めた。しかし同盟都市はローマを裏切らなかった。あての外れたハンニバルは目的を失い、南イタリアで時をムダに浪費してしまう。その後、逆にローマに本国・カルタゴを攻められ急遽帰国。ザマの戦いで敗れ、第二次ポエニ戦争もローマの勝利に終わった。

このローマ帝国の小さな政府、日本も見習って欲しい。特に「官僚が少なかった」ってとこを。県庁や市役所で働いているたくさんの人たちを見る度に、そう思わずにいられない。そんな仕事、民間に委託しろよ!

f:id:norback11:20170408132256j:plain

イタリアサッカーは非常に合理的で、美しいサッカーをやって負けるより、つまらないサッカーでも1-0で勝利することを重視する。その合理的な考え方は、ローマ帝国時代に生まれたものなのかも。

 

合わせて読んで下さい

norback11.hatenablog.com