雑学戦隊 ミトコンダー

ブログ名またまた変えました(汗)

人間の子供とチンパンジーの知性の決定的な違い

動物は人間が思っているより、間違いなく賢い 動物の知能の研究は古くから科学者たちによって行われていて、今ではカラス、イルカ、ゾウ、イヌ、チンパンジー、ボノボといった動物は、簡単な道具を使ったり、鳴き声で会話したり、死んだ仲間を弔ったり、助け…

ネアンデルタール人がホモサピエンスの遺伝子を持っていない理由を考える

ネグロイド(黒人)以外の私たちホモサピエンスは、ネアンデルタール人の遺伝子を約2%持っている。しかしネアンデルタール人はホモサピエンスの遺伝子を持っていない。ネアンデルタール人からホモサピエンスへの遺伝子流動は起きたが、その逆は起きなかった…

親が受けたストレスが子孫に伝わる?エピジェネティクスの不思議な力

1卵生双生児はクローンなので、まったく同じ遺伝子を持っている。しかし2人の兄弟姉妹は全く同じではない。似てはいるが、外見も性格も微妙に違う。その理由は、遺伝子のオン・オフを調節する機能が働くからだ。そうした機能を「エピジェネティクス」と呼ぶ…

チンパンジーと人間の子を作ろうとしたイワノフの挑戦と、スターリンの野望

人間と動物のキメラ(ひとつの生物の中に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じった状態)を作ろうとする試みは、世界各国で議論を呼んでいる。しかし、この嫌悪感に満ちた試みを1920年代に実行しようとした人物がいた。ソビエト連邦の生物学者イリヤ・イワノビ…

意識は映画と同じように、数10ミリ秒毎~数100ミリ秒毎に静止画として認識されている

ドライブに出かけた時「行きより帰りの方が時間が早く感じた」という経験は誰にもあると思う。また「事故の瞬間がスローモーションに見えた」という経験をしたことがある人もいるだろう。 これらの時間の感覚の変化は気のせいではなく、脳が見たものを意識と…

中国人が損得に敏感なのも、中国で科学が発達しないのも、科挙のせい?

中国人のノーベル賞受賞者はほんとうに少ない。物理学賞、科学賞、医学・生理学賞といった科学技術分野の受賞者で、中国人はわずか5人。そのうち2人はアメリカ国籍で、2人は台湾国籍。中国国籍を持つのは2015年に医学・生理学賞を受賞した女性薬学者ト・ユウ…

無性生殖の方が効率良く子孫を増やせるのに、高等生物は有性生殖が圧倒的に多いのはなぜか?

有性生殖は無性生殖よりはるかに大変だ。まず、個体の半分をオスという「精子を注入する以外何の役に立たないもの」にする必要がある。オスにもメスにも生殖器を用意しなければならないし、そのオスとメスが出会うのも大変だ。メスを呼び寄せるためにピーヒ…

多夫一妻制における夫の遺伝子的損得勘定

「一夫多妻」という形態は動物の世界ではありふれたことだし、人間でも未開民族などではよくみられる。もちろん日本だって、法的には妻は一人だが複数の女性を実質的な妻として囲っている男は多い。逆に「多夫一妻」というのはあまり聞いたことがない。 しか…

カール・せーガンが想像した木星の巨大浮遊生物

TVシリーズ『コスモス』の司会進行、小説『コンタクト』『エデンの恐竜』の執筆など、多彩な活躍をみせる天文物理学者のカール・セーガン。彼の発想は夢があって面白いなぁといつも思う。そんなセーガンが想像した木星に住む奇想天外な生物が「シンカー」「…

人は自分が「見るはず」と思っているものを見、「見ないだろう」と思うものは見ない

人間は自分が常識と思っていることに関して違う事実に直面すると、事実を自分の常識に変えて認識してしまうことがある。先入観というやつだ。これは誰もが思い当たる節があることだと思うけど、それを実験により証明した人がいる。 科学史家のトーマス・クー…

ドーキンスも鬼突っ込み!?進化論を全否定するキリスト教原理主義者の豪華本「創造のアトラス」

アメリカのキリスト教原理主義者による進化論の否定には呆れるばかり。実質無宗教の日本人にとっては信じがたい話だが、キリスト教原理主義者にとっては大真面目なんだろうな。2004年の調査でも、なんと55%のアメリカ人が「神が人を創造した」と考えているそ…

平均IQ115、ノーベル賞受賞者を輩出するユダヤ人が賢い理由は、高い識字率とメンデル遺伝病だった

ユダヤ人は世界の人口の0.2%しかいないのにノーベル賞受賞者のうち22%も占めている。この結果は偶然では説明できず、ユダヤ人は他人種より賢いと考えるしかない。では、ユダヤ人はどうしてこんなに賢いのだろう? 東欧のアシュケナージと地中海地方のセフ…

信頼のホルモン「オキシトシン」には、攻撃的に作用するダークサイドがあった!!

女性の出産時と授乳時、愛する人とのスキンシップやセックス等で分泌されるホルモン・オキシトシン。他人を信頼し協調する作用があり、さらには自閉症の治療に有効かも?と今、注目されているホルモンだ。 しかしこのオキシトシンには、同胞ではない者に対し…

東アジア人は白人よりIQが高いのに、白人が世界の覇権を握った理由は、知的好奇心の差だった!

世界的な統一IQテストを実施すると、東アジア人105、白人100、南アジア人85、ラテンアメリカ人85、黒人80という結果が出る。想像してた以上に人種間の知能差はあるんだなぁ?というのが実感だ。

なぜ人間だけが、メスの方が着飾るのか?考えてみた。

タマシギのメス(左)とオス(右)。タマシギのメスは一切子育てをしない。 出典 だじゃれの関西(北摂)の野鳥 鳥類はオスの方が圧倒的に美しい。メスに選ばれなければならないからだ。しかし、孔雀などの美しいオスは子育てを全くしない。逆に、夫婦協力し…

少子高齢化が深刻な日本。子供を増やすには、国家が出生を管理するしかないんじゃないか?(近未来の話)

日本の人口減少が深刻だ。2065年の日本の総人口は8800万人とか。このままでは日本は老人だらけの終わった国になってしまう。 では、出生数を増やすにはどうすればいいか? 真っ先に思いつくのは、子供を生んだ親にお金をあげることだ。産んだら1千万円支給と…

新型うつ(非定型うつor適応障害)の原因はドーパミン不足じゃないだろうか?

※以下は僕の個人的な意見であり、医学的根拠はありません。 僕は嫌な仕事を先延ばししていると、うつ状態になることがある。 特徴は、気分が異常に落ち込む、何をするのもおっくうになる、身体が重くて起き上がれなくなる(鉛様麻痺)、不眠または過眠、やた…

「自分さえ良ければいい」と莫大な借金を作った老人たち。その借金をなぜ若者が返さなければいけないのか?今こそ若者は声を上げるべきだ!

日本人は問題が発生しても解決しようとせずに、問題を曖昧にしてフェイドアウトさせてしまう。そして、そんな日本人の特徴が最も顕著に現れているのが債務問題だ。 日本の債務残高は2017年3月時点で1071兆円。対GDPでは238%でダントツの世界一。でも日本に…

雅子さまが皇太后になっても、公務のプレッシャーをかけてはいけない!

天皇陛下が譲位するまであと1年少しとなった。皇太子が天皇になると、雅子さまは皇后陛下ということになる。 天皇陛下が引退されることには大賛成なんだけど、雅子さまに皇后としての勤めが果たせるのか心配だ。責任が重くなることで、雅子さまのご病気が悪…

うつ病は頑張ってはいけない~この言葉が、新型うつを悪化させる最大の原因じゃないだろうか?

今まで生きてきて、数回、うつになったことがある。病前性格や症状からみて、100%新型うつだ。で、経験から思うに、サラリーマンが新型うつを悪化させていく過程はこんな感じだろう。

マヤの予言は当たっていた!? 未来人に「人類の転換点はいつか?」と聞いたら、2012年と言うかもしれない

最近「AIは人類にとって脅威になるか?」という議論が盛んだ。2045年にはAIの知能が人間を超えてしまうらしいから、ホーキング博士やイーロン・マスクじゃなくても、人々がAIを脅威に思うのは当然だ。 でも、こんな話を10年前に言ったら「夢物語だ」と笑われ…

日本人は世界でも類のない古モンゴロイドと新モンゴロイドのハイブリッド

アジアではハプログループOがメジャーで、中でもO3という漢民族の遺伝子が群を抜いて多いのだが、日本人はOとDが共存している世界的にも珍しい地域だ。で、このOとDは遺伝的にとんでもなく遠いらしい。

大好きな作家・村上春樹のノーベル賞騒動に思うこと

近年、この時期の定番行事と化した「村上春樹ノーベル賞受賞」騒ぎ。若い頃、村上春樹にハマっていた僕としては、ノーベル賞を取ってくれると凄く嬉しい。でも、村上春樹に関することがネットで話題になる度に「アンチ村上春樹」の多さに驚いてしまう。 批判…

風俗嬢が欝になりやすい理由は、遺伝子からの警告じゃないだろうか?

出典 バンコク・ダーク・ナイト 風俗の仕事を続けていると、深刻な欝になる子が多いって話をよく聞く。確かに好きでもない男に性的サービスをする仕事なんて普通の神経じゃできないだろうし、そんなことを続けていれば欝になるってことは、女性じゃなくても…

つ、ついに「魔法少女まどか☆マギカ」を観てしまった(汗)

僕は今まで生きてきて「萌え系アニメ」に分類されるものを一度も見たことがなかった。あの絵やキャラにすごく抵抗感があったし、顔がみな同じで髪の色と髪型だけで登場人物を判別するという、萌え系アニメのお約束も納得いかなかった。だから多くの人が「魔…

いっそのこと、人間もAIに管理してもらった方がいいかも?

コンピュータが人間を管理する社会ってのは、昔からSFのテーマとしてよく使われてきた。中でも個人的に印象に残ってるのが、萩尾望都の名作「地球(テラ)へ」だ。舞台はずーっと未来。世界はコンピュータが管理している。しかし突然変異で生まれてきた新人…

ネット上ではほとんどの人が「アメリカは北朝鮮を攻撃すべし」と言ってるけど、戦前もきっとこんな感じだったのかな?

ネット上では「アメリカは北朝鮮を攻撃すべし」という意見がほとんどだ。でも、もしロケットボーイがやけくそになって核ミサイルを撃ってくれば、韓国と日本で何十万、何百万という人が死ぬことになる。ネトウヨたちはそれをわかってて言ってるのだろうか? …

アベノミクスは今のところ大成功のようだ

2017年8月の求人倍率は2.44倍。失業率は3%を切って、バブル期を超えた。今、日本は空前の売り手市場だ。企業は大も中小も人材確保にやっきになり、飲食業は人件費の高騰により深夜営業をやめるところも増えてきた。これはやはり「アベノミクス」の成果だろ…

顔のいい男と、身体能力の優れた男。どっちが優れた遺伝子の持ち主なんだろう?

いつも疑問に思うのは、優秀な遺伝子とは何ぞや?ということ。 人間で考えると、優秀な遺伝子を持ったメスとは、美しい女性ということで問題ないと思う。しかしオスの場合、優秀な遺伝子を持ったオス、つまりメスにモテる男は、2つのタイプに分かれる。1つは…

輸血で性格が変わるのも、夫婦が顔が似るのも、マイクロキメニズムのせい?

テレゴニーの他にも、輸血をすると性格が変わるとか、夫婦は顔が似てくるとか、生物学に関する都市伝説のような話は結構ある。だいたいが科学的に全否定されてしまうんだけど、でも、これらは「マイクロキメニズムの影響なのでは?」って思えてならない。 輸…