12歳の時のような友だちには2度と出会えない~スタンドバイミー

僕が育ったのは山を切り開いて造られた新興住宅地だった。住宅地の端はすぐ山で、そこは小学生の僕らにとって格好の探検場所だった。 ある日、仲のいいグループ4人で人が一人通れるかどうかの細い山道を入っていくと、いきなり広い場所に出た。そこはUFOが着陸していてもおかしくないぐらい、外界と完全に隔離された場所だ…