読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

MUFGの出現であらためて考える、ビットコインのこと

社会ネタ

f:id:norback11:20160630133929j:plain

三菱UFJ銀行が行内の仮想通貨としてMUFGコインを作製、実験開始

というニュースが話題になっている。でもこのMUFGコイン、1円=1MUFGという固定相場だそうで、投機対象にならないのでつまらない感がある。変動相場にしたらもっと話題になるのにね。いろんなFX会社がMUFG/JPNを売り出したりして(笑)。

仮想通貨といったら真っ先に挙げられるのは、やはりビットコインでだろう。世界最大級のビットコインの取引所・マウントゴックスが倒産したことで、

それみたことか、そんな怪しげなモンが流通するはずがない

と叩かれた悲劇?の仮想通貨だ。でも僕はビットコインの存在を知った時「これは凄い」と思った。オープンソース(←これ が超重要)のプログラムを使ったインターネット上の仮想通貨なんて、発明した人は天才だ。決済の処理を手伝った者に新規の通貨を進呈するという採 掘(マイニング)というシステムも画期的。採掘量(=発行量)が決まっていて相場があるという点が金に似ているなと思った。発案者のナカモト・コウジ なる人物が今だにどこの誰だかわからないというのも、なんかミステリアスで面白い。

で、さっそくビットコインを買ってみようと思ったのだが、い ろいろ調べているうちにあるブログで「マウントゴックスは現在、入金はできるけど出金は停止している」という記事を見つけた。そうこうしているうちに、入 金もできなくなってやがて倒産。もしあの記事を見つけてなかったら僕も損してたところだ。良かった良かった。

でも、インターネット上の仮 想通貨という考え自体は素晴らしいものだと今でも思う。ネットスケープの創業者、マーク・アンドリーセンは

インターネットの出現以来、最もイン ターネット的なものが現れた

と言っていたが、まさにその通りだと思う。ビットコインは「通貨の未来」をかいま見せてくれたのだ。

ビットコイン が成功する確率はそんなに高くないような気がするし、マウントゴックスの倒産によって損をした人は自己責任で、政府が救済する必要は全くないのは当然のこと。一攫千金を狙った連中が フランス人のデブに騙されただけ。

f:id:norback11:20160630134323j:plain

こいつが諸悪の元凶、マーク・カーペレス

でもこれから先、インターネット上の仮想通貨はどんどん出てくるだろうし、それらが競争や統廃合を繰り返し、そしていつか一つに集約されていくような気がする。そ の時はじめて、その通貨は「仮想」ではなくなるのだ。

将来、僕らの子孫は「へぇ~昔は紙のお金なんか使ってたんだ!」と驚くようになるだろう(断言)。間違いなくそんな時代は来る。それがいつかはわからないけど。