読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

SMのエム遺伝子が残ってきた理由を考えてみる

生物ネタ

f:id:norback11:20170304011053j:plain

エム、つまり苛められると興奮していまう人たちがいる。なんで苛められると興奮するのか?よくわからないが(ウソです。ちょっとはわかる)、とにかくいる。ってゆーか、結構多い。で、いつも思うんだけど、どうしてエムの遺伝子って今まで淘汰されないで残ってきたんだろう?

これがSの遺伝子ならわかる。他人を苛めて喜ぶなんて輩は、生存競争にも強そうだ。逆に、他人に虐げられることが好きな遺伝子なんて、生存競争にはめっぽう弱いように思えるのだが。

そして、こんな仮説を思いついた。エムの遺伝子が残ってきた理由は、人類の歴史に於いて、女性が常にレイプされてきたからじゃないか?と。

人間の男は有史以前から、隙あらば他の集落や他の国を攻撃し、征服すると男は殺すか奴隷にし、女はレイプしてきた。レイプされる時、ひどく嫌がる女性と、そんな状況で感じてしまう女性がいたら、後者の方がたくさんの子供を残すはずだ。これがエムの遺伝子が数多く残ってきた理由だ。僕が勝手に考えた説だけど、きっと正しいと思う。

エムの人は男性より女性の方が多いと感じる。女の人に「エムっ気ある?」と聞いて、否定する人はほとんどいなかった(「両方ある」っていう人も結構いたような気がするけど)。調査対象が少なすぎるので説得力はイマイチだが(汗)、もっとたくさんのサンプルを取って調べても、女性の方がMが多いという結果になると確信している。そしてエム遺伝子が女性により多く発現する理由も、このレイプ仮説で説明できるのだ!

竹内久美子先生、この僕の仮説はいかがでしょう?

 

合わせて読んで下さい

norback11.hatenablog.com