読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

紅林麻雄が生んだ5度目の冤罪~袴田事件

社会ネタ

f:id:norback11:20170223015701j:plain

袴田事件の再審請求が許可され、袴田巌氏が釈放された。まだ真相はわからないが、状況からみて冤罪の可能性が高い。この袴田事件に、静岡県警の冤罪王・紅林麻雄の部下が関与していたらしい。

紅林麻雄は数々の事件を解決し名刑事と言われたが、後に彼の担当した幸浦事件、二俣事件、小島事件、島田事件の被告人が次々と無罪になり、1963年、幸浦事件の被告人が無罪となったのを機に警察を引退。2ヵ月後に脳出血で死亡した。

紅林麻雄は被告人に拷問を行い自白を強要、さらに証拠をでっちあげて無実の人間を犯人に仕立て上げた。真犯人から賄賂をもらったという話まである。同僚の山崎兵八がそれを告発したところ、彼は偽証罪で逮捕され、懲戒免職になってしまった。

袴田事件でも、紅林の部下による証拠のでっち上げが指摘されている。もしそれが立証できたら、証拠改竄に関与した刑事たちを告発すべきだと思う。時効が成立しているから刑務所に送ることはできないが、糾弾することはできる。残念ながら紅林麻雄は死んでしまったが、袴田さんを犯人にしたてあげた刑事たちの中には、まだ生きている者もいると思う。自分の手柄や保身のため無実の人間の一生を破壊した奴らを、罪を問わないままあの世に逃がしてはならない。「刑事司法の理念からは耐え難い不正義」に加担した連中なのだから。

 

【あわせて読んで下さい】

norback11.hatenablog.com