読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

個人的に大好きな、リアリティのあるSF映画&アニメ10選

映画&芸術ネタ

個人的に大好きな、リアリティのあるSF映画&アニメをご紹介します。どれも派手なアクションとかほとんどないので、退屈だと思う人も多いかもしれません。ちなみに、名作の誉れ高い「2001年宇宙の旅」は入っていません。僕にはストーリーが理解できなかった。

コンタクト(映画/実写)

f:id:norback11:20170410140714j:plain

以前の投稿でも紹介したこの映画は、僕のSF映画のベスト1。地球外知的生命からの電波を受信する「SETI」がテーマの映画なんてどストライクだ。一番好きなシーンは主人公のエリー(ジョディ・フォスター)がワームホールを通過するところ。実際のワームホールの中がいったいどんなのか想像すらできないが「本当にこんな感じなのかも」と思えるほどよくできている。ちなみにカール・せーガンの原作も読みました。映画とはずいぶん違ったけど、とても面白かった。

インターステラー(映画/実写)

いやこの映画凄い!近年のSF映画の最高傑作だと思う。理論物理学の権威キップ・ソーン教授製作総指揮の下、相対性理論や量子力学に基づき描かれたのは、想像を絶する奇妙な世界。正直、5次元とかわけ判らないけど、判らないなりに「インターステラー」的世界にはまり込んでしまうのだ。そして予測不可能なラストへと、物語は息つく暇もなく進んでいく。そしてもう一つのテーマが家族愛。父と娘の時空を超えた愛が、最後に繋がるとこが素晴らしい。滅亡が近い地球の代わりに人類の住めそうな星を探査するのが、元宇宙飛行士クーパー(マシュー・マコノヒー)に課せられた使命。彼は幼い子供たちを残し、宇宙に飛び立った…。

未知との遭遇(映画 / 実写)

f:id:norback11:20170410221630j:plain

地球外生命体とのファーストコンタクトをスピルバーグが描いたこの作品。B級映画と評する人も多いけど、この映画を映画として評価してはいけない。地球外知的生命との遭遇に憧れている人が、それを擬似体験するための映画なのだ。だからストーリーとかどうでもいい(でも映像は30年前にしては凄い)。デビルズ・タワーの裏側で主人公が見た光景は、僕が長年夢見ていたものなのだ。ついに人類は、地球外知的生命とのコンタクトに成功したのだ! 

エクス・マキナ(映画 / 実写)

検索エンジン世界最大手のブルーブック社に勤めるプログラマーのケイレブは、人前に姿を見せない社長で天才科学者のネイサンが所有する山荘に招かれる。そこには、女性型ロボットのエヴァがいた。ケイレブは、エヴァに搭載された人工知能の実験に手を貸すことに…。密室を舞台に2人の男と2人?のアンドロイドが心理劇を繰り広げる、緊張感たっぷりのSFサイコスリラー。人工知能が人間以上に賢くなる「シンギュラリティ」に於いて起こりうる出来事を、独特の視点で描いた秀作だ。

ディープインパクト(映画 / 実写)

f:id:norback11:20170409235639j:plain

彗星が地球に衝突するという状況を描いた映画はこれと「アルマゲドン」があって、どちらもほぼ同時期に作られている。あの頃って彗星衝突のブームだったのか? 巷ではブルース・ウイリスの熱演もあって「アルマゲドン」の方が人気があるみたいだが、僕は「ディープインパクト」の方が好き。水爆で爆発した彗星の片割れが地球に衝突するんだけど、彗星が空を横切って海に落下し、高さ1000メートルの津波が都市を襲うシーンは圧巻。こんな出来事が実際に起こる可能性がある!ってとこが怖すぎる。パニック映画なのにヒューマンドラマとして優れている点も良し。もし地球が滅亡するかもしれなくなった時、自分ならどうする? そんなことを考えさせられる映画だ。  

月に囚われた男(映画 / 実写)

f:id:norback11:20170410111501j:plain

サム(サム・ロックウェル)は地球で必要なエネルギーを採掘するため、3年間の契約で月にたった一人で滞在している。地球との直接通信は許されず、話し相手は1台の人工知能コンピュータだけ。任務終了まであと2週間となった日、サムは自分と同じ顔をした人間に遭遇する…。 監督のダンカン・ジョーンズは、先日他界したデビッド・ボウイの息子だそうだ。実力の伴わない2世が闊歩する世の中で、親とは違う分野で活躍しているこの人は偉い! 低予算ながら脚本が本当によくできている。2人で妻との想い出を語り合うシーンは切なくてたまらない。監督2作目となる「ミッション8ミニッツ」も凄く面白かった。どちらの映画もとにかく悲しくて切なくてたまらないんだけど、ラストが若干ハッピーエンドで救われる。でも第3作が全然作られないのはなぜ?

 リ・ジェネシス(ドラマ / 実写)

カナダにあるバイオテクノロジー研究機関「ノーバック」を舞台に繰り広げられるバイオサスペンス。ジコチューで女好きの主任科学者デビッド・サンドストローム、アスペルガー症候群の天才ボブ・メルニコフ、情報生物学の女性研究員メイコ・トランなど、一風変わった研究者たちが、殺人ウイルスやバイオテロと戦う。派手なアクションは全くないが、分子生物学や遺伝子工学に興味のある人なら十分楽しめるドラマだ。シーズン4まであるんだけど、シーズン1が1番面白いかな。3以降はちょっと鬱展開になって、4は収拾不能で終わります。

プラネテス(ドラマ / アニメ)

原作は「モーニング」誌に不定期連載された同名漫画で、これが幸村誠氏のデビュー作。作者の感性は素晴らしいが、若さからかストーリー構成がイマイチだった。このアニメは、原作の良さを活かしつつストーリーを再構築、原作より完成度の高いものに仕上がったと思う。舞台は2070年代。主人公の星野八郎太は宇宙開発企業「テクノーラ」のデブリ課に所属するサラリーマン。いつか自分の宇宙船を持ちたい!という夢を持ちながら、日々デブリ拾いに精を出す。前半は宇宙で働くサラリーマンの日常といった話で若干退屈だが、中盤以降、先進国の宇宙権益独占を阻止しようとするテロ活動に、彼らも否応無しに巻き込まれていく。テロを起こすのは石油が不要になって最貧国になってしまった国の人たち(中東?)とか、設定に凄くリアリティがあるのも良い。最終回は感動必死です。

シュタインズゲート(ドラマ/アニメ)

原作は2009年に発売され大人気となった同名ゲーム。秋葉原を拠点とする小さな発明サークル「未来ガジェット研究所」のリーダーで大学生の岡部倫太郎は、研究所のメンバーの橋田至や椎名まゆりと共に、日々ヘンテコな発明を繰り返していた。ある日彼らは、発明品である「電話レンジ(仮)」が、メールを過去へ送るタイムマシンとしての機能を備えていることを発見する…。序盤は少し退屈だが、中盤からの怒涛の展開に。ヲタクアニメとバカにするなかれ。タイムリープドラマとして非常に完成度の高い作品だ。主人公の厨二病的発言や2ちゃん用語などが炸裂することから、ヲタク文化に嫌悪感を抱いている人は、ラストまで観るのは難しいかも。

イブの時間(映画/アニメ)

舞台は未来、たぶん日本。アンドロイドが実用化されて間もない時代。「アンドロイドは人間と区別するため頭にリングを乗せなければならない」と法律で定められている。アンドロイドにも感情はあるが、人間の前では決して表には出さない。しかし人間とアンドロイドを区別しないというコンセプトの喫茶店「イブの時間」の中でだけは、アンドロイドたちはリングを外して人間らしく?振舞う。人間が将来アンドロイドと生活するようになったらこんな感じになるのかな?と思わずにいられない、不思議なテイストを持った作品だ。

【あわせて読んで下さい】