ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

ネット上ではほとんどの人が「アメリカは北朝鮮を攻撃すべし」と言ってるけど、戦前もきっとこんな感じだったのかな?

f:id:norback11:20170928222718j:plain

ネット上では「アメリカは北朝鮮を攻撃すべし」という意見がほとんどだけど、もしロケットボーイがやけくそになって核ミサイルを撃ってくれば、韓国と日本で何十万、何百万という人が死ぬことになる。彼らはそれをわかってて言ってるのだろうか? 彼らの意見を呼んでいると、戦前の日本の民衆もきっとこんな感じだったんだろうなと思う。「鬼畜米英をやっつけろ!」ってね。勇ましくてカッコいいけど、現実が見えてない。

もちろん僕だってロケットボーイは超むかつくし、できるものなら奴を始末したいと思う。世界中の人のほとんどが同じ意見だと思う。でも現実には無理だ。何十万、何百万もの人々の命と引き換えにはできない。

本当はもっと早く、クリントンオバマの時代に、北朝鮮を攻撃して滅ぼしておくべきだった。今となっては後の祭りだけど。ただ、北朝鮮から攻撃してくることは99%ないだろう。ロケットボーイの目的はキム王朝の存続であって、そのために核ミサイルを開発してるんだから。トランプが一生懸命挑発してるけど、それに乗るほどロケットボーイはバカじゃない。一番ベストなのは内部のクーデターでキム王朝が倒れることなんだけど、こればっかりは計算できないから何とも言えないし…。

世界はICBMを持ったキム王朝と共存していく他ないだろう。これから何年、何十年も、僕らはロケットボーイがミサイルを発射したとか、誰それを高射砲でミンチにしたとか、北朝鮮で多数餓死者が出たとか、喜び組の女性を性奴隷にしたとか、そんなニュースを聞きながら暮らしていくとこになるんだろう。なんとも気が重い話だ。