ADHDな日々

ADHDの管理人が日々考えてる好き勝手なことを書いてます。典型的文系なのに、理系の話題が多いです。

いっそのこと、人間もAIに管理してもらった方がいいかも?

f:id:norback11:20170929233557j:plain

コンピュータが人間を管理する社会ってのは、昔からSFのテーマとしてよく使われてきた。中でも個人的に印象に残ってるのが、萩尾望都の名作「地球(テラ)へ」だ。舞台はずーっと未来。世界はコンピュータが管理している。しかし突然変異で生まれてきた新人類「ミュウ」たちは、そんなコンピュータが管理する社会を変えようと、人間に戦いを挑む…。

この作品を読んだ誰もが「コンピュータが管理する社会なんてごめんだ。人間は人間らしく生きるべきだ」と思っただろう。もちろん僕もその一人だ。でも「本当にそうなんだろうか?」って最近、思うようになった。

例えば「民主主義より優れた人物の独裁の方が良い社会になる」ってことは昔から言われていたが、それは絶対に正しいと思う。民主主義ってのは時に衆愚政治になってしまうからなぁ。知性のかけらもなさそうな芸能人が当選したり、議員で一番大切なことが不倫をしないことだったり、大臣がささいな失言で失脚したり…。知性、品性の足りない人物でも平等に一票を行使できる民主主義は、やはり限界があると思う。

あと、投資も最近はAIがやってるらしい。人間は感情で左右されて失敗するけど、AIは感情がないから人間より的確に売買できるんだそうだ。ってことは、政治だって人間がやるよりAIがやった方が的確にやれるはずだ。

いつか人間は「人間はAIに管理してもらった方が幸せになれる」と気づき、それを実行に移す日が来るかもしれない。どんな社会になるかは想像もつかないけれど、きっと人間が管理するより良い社会になるはずだ。AIが感情を持たない限り。