雑学戦隊 ミトコンダー

ブログ名またまた変えました(汗)

雅子さまが皇太后になっても、公務のプレッシャーをかけてはいけない!

f:id:norback11:20180122231658j:plain

天皇陛下が譲位するまであと1年少しとなった。皇太子が天皇になると、雅子さま皇后陛下ということになる。

天皇陛下が引退されることには大賛成なんだけど、雅子さまに皇后としての勤めが果たせるのか心配だ。責任が重くなることで、雅子さまのご病気が悪化するのが心配なのだ。

雅子さまのご病気は「適応障害」とされている。これは「非定型うつ」というやつらしい。とすると、病気の原因は彼女が置かれている環境にある。つまり、皇室に嫁いだことがご病気の原因と考えていいだろう。

日本中から監視される籠の鳥になんか、普通の人はなりたくない。雅子さまだって、皇族になんかなりたくなかったと思う。しかも彼女は飛びっきり優秀な女性だった。そのキャリアを捨てて皇室に嫁ぐなんて、雅子さま的にはありえなかっただろう。

彼女を動かしたのは皇太子さまの「愛」だった。プロポーズの際、「僕が一生、全力でお守りします」と皇太子さまは雅子さまに言った。なんて素敵なプロポーズの言葉なんだ。こんなこと普通の男が言ったら笑われるのがオチだけど、一国の皇太子に言われたら、感激しない女子はいないんじゃないかな。

そしてその後、雅子さまがご病気で公務を行えなくて批判を浴びても、皇太子さまは雅子さまを守るような発言をされていた。彼は今でも、プロポーズの言葉どおり雅子さまを守っているのだ。男として立派じゃないか!

日本人の皆様、雅子さまが皇后になった時、「皇后のくせに公務を果たさないなんてけしからん」なんて非難しないで欲しい。皇室に嫁いでくれただけで、本当にありがたいと思うから。